【相棒】花の里が閉店「こてまり」がオープン。名前変更の理由は?

【相棒】花の里が閉店「こてまり」がオープン。名前変更の理由は?

2020年10月から相棒season19がスタートしますね!

なんとドラマ誕生から20周年の記念すべきアニバーサリーイヤー。

気になる小料理屋の3代目女将は森口瑤子(もりぐちようこ)さんに確定!役名は「小出茉梨(こいでまり)」、お店の名前は"こてまり"。

今まで女将は変わってもずっと"花の里"の名前は変わらずでしたが、なぜ今回は変わったのか!?

調べてみました。

【花の里】ドラマではどうやって終わったの?

season17の18~19話「漂流少年~月本幸子の決断」にて事件に巻き込まれた青年と過去の自分を重ねる月本幸子(鈴木杏樹)。そして青年に疑いをかける特命係と対立します。

事件が進むに連れかつて自身も特命係に助けられたことを再確認、「悩みや問題を抱える子供達の傍で支える仕事に付きたい」と女将を辞めて新たな人生を歩む決意をします。

こうして、最後は「私はほんとうに運のいい女です。杉下さんに会えてよかった、ありがとうございます。」と月本幸子は杉下右京と握手を交わして花の里を去りました。

小料理屋の名前変更の理由は"花の里の呪い"?

歴代女将のスキャンダル

  • 初代 宮部たまき・・・高樹沙耶さんが大麻問題を起こして芸能界引退
  • 2代目 月本幸子・・・鈴木杏樹さんが相棒卒業後に不倫騒動

この花の里女将の高樹沙耶さん、鈴木杏樹さんが2人ともスキャンダルを起こしたことで、ファンの間では"花の里の呪い"と呼ばれています。

そのため、3代目女将となる森口瑤子さんの出演にあわせ、小料理屋の名前を「花の里→こてまり」に変更したのではないかと推測されます。

結論、正式な理由は公表されていない

気になるところですが、正式な理由は特に公表されていません。

おそらく、初代女将(宮部たまきさん)に続き、相棒卒業後に2代目女将(鈴木杏樹さん)もスキャンダルを起こしたことで、イメージを変えるためにも小料理屋の名前を変更したのだと思われます。

右京さんたちの新しい憩いの場"こてまり"、早くテレビで見たいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA